6月の四季の森公園(3)―夏の花々とか

続きです。前回はまだ若い木の実という感じでしたので、今回は連載の本命とも言える花々をいってみましょう。ですが実は、本命は虫だったりするかも知れません。

これまでの記事:6月の四季の森公園(1)―菖蒲田 6月の四季の森公園(2)―木々の実とか

「四季の森公園」の紹介は、こちら

四季の森公園(Shikinomori Park, Japan)

撮影は、キヤノンEOS 40DキヤノンEF 100mm F2.8L MACRO IS USMと、パナソニックDMC-TZ10で行いました。

池の脇ではタチアオイが見頃でした。よく見ると、いろんな色の花があるのに気付きます。

四季の森公園のタチアオイ(Shikinomori Park, Japan) 四季の森公園のタチアオイ(Shikinomori Park, Japan)

池の脇の小山にあるシモツケ。もう終わりという感じで、花の色もくすんでしまっていますね。

四季の森公園のシモツケ(Shikinomori Park, Japan)

菖蒲田の近くに、ノカンゾウのような花がたくさん咲いているのですが、これはニッコウキスゲに見えます。違うかな?隅っこにちょっと見えていますが、赤いのもあります。アブラムシがたくさん付いていてかわいそうです。

四季の森公園のニッコウキスゲ(Shikinomori Park, Japan)

あし原湿原脇の小さな池には、ヒツジグサがあります。近くで撮りたい気持ちはわかるのですが、湿原の中に入っていって三脚を立てている姿はどうも…。

四季の森公園のヒツジグサ(Shikinomori Park, Japan)

今頃の季節から、もっともポピュラーなのがホタルブクロですね。色の濃いホタルブクロ。あし原湿原の脇で見ました。群生は、菖蒲田の脇でしたが、すっかりハナショウブに隠れてしまっていました。最後は、中山小学校脇です。だんだんと白くなっています。

四季の森公園のホタルブクロ(Shikinomori Park, Japan)

四季の森公園のホタルブクロ(Shikinomori Park, Japan) 四季の森公園のホタルブクロ(Shikinomori Park, Japan)

四季の森公園のホタルブクロ(Shikinomori Park, Japan)

ナツタツナミソウ?と思うのですが。あし原湿原の先っちょ、マムシが出るというあたりです。

四季の森公園のナツタツナミソウ(Shikinomori Park, Japan)

あし原湿原の脇には、いろいろな木も生えています。ミズキが、小さな花をたくさん付けていました。クマノミズキというのを別の場所で見つけましたので、それかも知れません。

四季の森公園のミズキ(Shikinomori Park, Japan)

ホタルブクロに続いてポピュラーな、オカトラノオです。いろんなところで咲いていましたが、菖蒲田の脇にあったのが一番見やすかったですね。

四季の森公園のオカトラノオ(Shikinomori Park, Japan) 四季の森公園のオカトラノオ(Shikinomori Park, Japan)

広場の方に行ってみると、ムラサキシキブが花をつけていました。シモツケと間違いそうです。

四季の森公園のムラサキシキブ(Shikinomori Park, Japan)

田んぼの方に向かう道には、ユキノシタありました。意外なのですが、水の脇とか森の中では見かけませんでした。

四季の森公園のユキノシタ(Shikinomori Park, Japan)

さて、次は虫とか、鳥とか、いけそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 小鉄 より:

    こんばんは。ノカンゾウのようなニッコウキスゲのような花は、毎年悩みどころです。どっちでしょうね?
    そして、アブラムシって白いのですか?ゴンズイノフクレアブラムシは大好物なんです。鳥肌なところが[E:coldsweats01]
    シソ科の花はアキノタムラソウでしょうか。初夏から咲くのに秋です。オシベが真っ直ぐ突き出ているとナツノタムラソウなんだそうです。

  2. なおさん より:

    小鉄さん、
    ノカンゾウか?ニッコウキスゲか?場所的に、ノカンゾウなら違和感ないんですけどね。
    白いの、ゴンズイノフクレアブラムシ?こんな名前でしたか(調べもしませんでした)。大好物と聞いてビックリ。(まさか食べるとか?まさか。笑)
    夏か、秋か、微妙ですが、時期的に夏と思いたいです。