macOSのSMB接続が遅いのを何とかする

SynologyNASDS420+)を導入し、Time Machineやファイル共有など、いろいろ使い勝手がよいなと喜んでおります。

しかし、いざmacOSから接続して、ファイルの一覧を見たりバックアップしたりすると、なんだか遅いのです。

なんだかというレベルではないですね、ものすごく遅い!

これは何かあるなと思いましたら、案の定何かありました。

同じような症状で悩んだ方々が、すでに解決策を見いだしておりました。

Appleサポートにこれの解決案が載っているようです。

SMB 2 や SMB 3 接続でパケット署名を無効にする
Mac でパケット署名を無効にする方法をご案内します。

Appleでは/etc/nsmb.confを更新するようになっていますが、ブログ主が参考にさせてもらったのはこちらです。

MacBookでNASへの接続がめちゃくちゃ遅いのが解決した! | なんとなく粒焼
MacでNASに繋ぐとめちゃくちゃ遅い,というのは皆さん悩まれているようですが,私も同じくその遅いのにかれこれ1年近く悩まされてきました。 事務所内はWindowsパソコンが使われていて,私もWindows ♪♪シェアしてあとでチェック♪♪

このページによると、~/Library/Preferences/nsmb.confというSMBのための設定ファイル(おそらく存在しない)に以下のようなエントリを追加して、macOSを再起動します。

[default]

signing_required=no

実際にやってみたら、見違えるような速さになりました。

ただしこの設定は、SMB2やSMB3でセキュリティを高める仕組みであるパケット署名を無効にするものです。ですので、セキュリティ強度は下がりますのでご注意を。それを理解して、速度と安全性とどっちを取るかで選びましょう。

ブログ主は速度を選びました。家の中で自分しか使わないサーバなので、妥協です。

 

 

コメント