KILLER STREET―サザンオールスターズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

今回はかなり毛色が違うんだな。個人的にサザンオールスターズのアルバムを買ったこととかはないんだが、家人が趣味だったりするのだな。ピンポイント的に好きな曲はたくさんあるのだが、まとめて聴こうとかいう気にはならなかったわけだ。今回、家人がサザンのニューアルバムを購入し、勧めてきたので、さっそくiPodに取り込み聴こうというわけだ。

ぱっと聴いた感じでは、素直なロックという感じだ。すっと耳に入ってくる。妙な騒がしさとか荒れた感じもない。私みたいな年頃にはぴったりの線を行っているのかも知れない。もしかして桑田さんと同年代?

シングルで発表されたものも多数入っているので、2枚組み、計30曲という大作に仕上がっている。容量も、700MBのCD容量を目一杯まで使って1枚に15曲という入れ込みようである。あまりこういうサイドからものを言いたくないのだが、ギリギリまで曲を詰め込むという気迫に感心させられる。

CDを買うといつもがっかりさせられるのが、ライナーノーツの貧弱さだが、このアルバムは2枚組みでサイズに余裕があるせいか、厚手のしっかりとしたものがついている。1ページないし2ページに1曲ずつ、歌詞が印刷されている。写真は、風景から人物(本人たち)など、素朴なものだ。こういうのがついていると、iTMSなどではなくアルバムをきちんと購入したいとも思うものだが、なかなか最初からはわからないもんなぁ。

さて、もう少し落ち着いて聴いてみようかな。30曲もあるから、すぐには聴き終わらないのだ。でもこういうのを書くのは、最初に聴いた印象が大事だし。で?うん、いいと思うよ、これ。フュージョンファンの私でもOKさ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。