初秋の新治市民の森(2)―田んぼの草花(1)

9月19日、初秋の新治市民の森に行ってきました。今回は、じっくり腰を落ち着けて観察しようというわけで、丸一日かけて粘ってみました。まずは、見どころの多い、田んぼ周辺です。稲穂は色づき、重く垂れ始めています。黒米は、すでに刈り取られたあとでした。収穫時期が違うのですね。

このシリーズの記事:初秋の新治市民の森(1)―その前に

新治市民の森

新治市民の森の案内は、こちら:新治市民の森 – ザ・公園 – なおさん亭::新館

撮影機材の案内は、こちら:キヤノンEOS 40D – カメラの部屋 – なおさん亭::新館 キヤノンEF 100mm F2.8L MACRO IS USM – カメラの部屋 – なおさん亭::新館 パナソニックDMC-TZ10 – カメラの部屋 – なおさん亭::新館

田んぼ脇の土手に、ワレモコウを見つけました。一瞬、何かの穂かと思って見逃してしまいそうですね。これでもバラ科のようです。

新治市民の森のワレモコウ 新治市民の森のワレモコウ 新治市民の森のワレモコウ

田んぼの中に、オモダカが残っているのを見つけました。3輪咲くはずの花も2輪しか残っていませんでした。ちょっと残念。

新治市民の森のオモダカ新治市民の森のオモダカ

ツリガネニンジンは、そろそろ終わりという感じでした。もうほとんど一株というのをパチリ。

新治市民の森のツリガネニンジン

あぜに、ウリクサを見つけました。ほとんど地べたを這うように、小さな花が群生しています。最初、アメリカアゼナかと思ったのですが、多分こっちでしょうね。トキワハゼが、少し混じっています。

新治市民の森のウリクサ新治市民の森のウリクサ

こっちはトキワハゼです。本当に、一年中咲いていますね。上のウリクサに混じって、倍くらいの大きさの花を咲かせています。

新治市民の森のトキワハゼ新治市民の森のトキワハゼ

ヤハズソウをしゃがみこんで撮っていましたら、観察会の方に名前を教えてもらいました。皆さん、よくご存じですねぇ。

新治市民の森のヤハズソウ新治市民の森のヤハズソウ

籠場のあたりに多かったトキリマメは、田んぼ脇にもたくさん見ることができました。

新治市民の森のトキリマメ新治市民の森のトキリマメ新治市民の森のトキリマメ

ヒガンバナは、まだまだこれからという感じですね。ここ以外では、小学校の脇にしか見つけられませんでした。

新治市民の森のヒガンバナ

では、次回は田んぼ編の2回目、行ってみますね。

スポンサーリンク
広告336*280

コメント

  1. 小鉄 より:

    こんばんは。
    一日新治でしたか。収穫が楽しみですね[E:happy01]
    彼岸花咲いてるんですね。うーん、そうですかー。行きたいトコが増えて困っちゃいますねぇ[E:coldsweats01]
    今度の週末は天気悪そうですし、ますます困ってしまう。そんな里山が周りにあって嬉しい悲鳴です。大切に守りたいですね。

  2. なおさん より:

    小鉄さん、こんばんは。
    収穫!ふたを開けてみると地味なものばかりでしたが、数だけはあったので、よろしければお付き合い下さいね。
    今日あたりから雨ですが、ここまでは気温が高かったので、出向かれたでしょうか?
    これから先、気温がぐっと下がり、今度は秋の風情を見せてくれるのでしょうね。
    自分の足で出向ける範囲にこういった場所があるのは、すごくありがたいです。守りたい、同感です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。