Office 2013への関連付けがうまくいっていないときは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

Microsoft Office 2010を入れていた環境に、新たにOffice 2013を入れますと、両方のバージョンが使えて便利なのです。この場合、Word文書やExcelワークシートは2013の方に関連付けられているので、ダブルクリックで2013が開きます。

ただ、PowerPointプレゼンテーションは、どういうわけか2010が起動するのです。そこで、ファイルの関連付けを設定しようとしましたら、どういうわけかうまくいかないのです。
今回は、これを解決してみました。

コントロールパネルの、[規定のプログラムの設定]では、一覧にPowerPoint 2010しか出てきません。これだと、関連付けは変えられません。PowerPoint 2013の[オプション]から、[規定でPowerPointで開くファイル拡張子を選択]を選んでも、2010が出てきます。2013の実行ファイルpowerpoint.exeを選び直してもダメです。

これは困りました。どうしましょう。

Microsoftのサポートフォーラムによりますと、修復セットアップを行ってみろ、ということでした。ダメでもともと、さっそくやってみました。まずコントロールパネルの[プログラムと機能]を開きます。

Office_associate_01

「Microsoft Office Home and Business 2013 – ja-jp」を選んで、[変更]をクリック。

Office_associate_02

まずは[クイック修復]を選んで、[修復]をクリック。

Office_associate_03

[修復]をクリック。

Office_associate_04

ちょっと時間がかかりますが、待ちます。

Office_associate_05

終わりました。[閉じる]をクリック。規定のプログラムを見てみますと、PowerPoint 2013がいますので、修復がうまくいったようです。

Office_associate_06

試しに、PowerPointプレゼンテーションファイルをダブルクリックしますと、今度はPowerPoint 2013が起動しました。やれやれです。

なんだかちょっと変ですが、解決できるだけよしとしましょうか。それにしてもOfficeは高い!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. hoge より:

    同じ症状で悩んでました。助かりました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。