DEATH NOTE(8)―大場つぐみ・小畑健

引き続きコミックだ~。
って、どうせ漫画しか読んでませんよ~だ。
いいじゃんいいじゃん、面白いモンは面白いんだ!

はっきり言って、難解なコミックである。
これが、少年ジャンプとかいう少年誌に連載されているとは驚きだ。
だが、驚くことはない(どっちよ?)
少年ジャンプは、常にチャレンジングだったのだ。
諸星大二郎も、少年ジャンプで手塚賞を受けたのだ。
ワンピースやなんかだけが少年ジャンプではないのだ。

DEATH NOTEとは、死神の持っているノートで、そこに顔を知っている人物の本名を書くと、好きな方法で死に至らしめることができるという画期的なものだ。このDEATH NOTEをめぐっての攻防が、このシリーズのテーマだ。

っていうか、頭悪いとこのコミック、ほんとうに理解できないよ。
新刊買ってきて日曜の晩なんかに読むと最悪、脳が覚醒して眠れないね。
あまりに多いネーム、ロジックをきちんと追っていくと、不必要に脳を活性化してしまうようだ。

最近の若いモンは複雑なストーリーのコミックなんか読めないと聞いているけど、大丈夫なのかな?
おじさんのやっかみだろうか?

Lの死によって話はリセットされ、連載の長期化には成功したようだが、こういうのが少年ジャンプのイヤなところだ。毎週毎週、話が進まないと思われたらアウトだぞ。少年ジャンプ!

スポンサーリンク
広告336*280

コメント

  1. kana より:

    なおさん、こんにちは。二度目の書き込みです!(^^)!
    このコミックはウチの長男(中3)に勧められて読んでみたのだけれど、その難解なこと難解なこと・・・。
    すっかりワケワカメ状態です。
    息子が理解しているとは到底思えないけど母にも意地があるので、一緒になって「コレは絶対おもしろいね!」と話し合ってます。

  2. なおさん より:

    こんばんは、kanaさん。
    コメントどうもです。
    私は、3回くらい通して読みました。
    読み方の本も出ていますしね(買ってませんが)。
    そういえば、これの英語版も出たそうですよ。
    Amazonからメールが来ました。
    ただでさえ難解なのに、その自乗倍の難解さになりそうですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。