Adobe Acrobat Pro DCのサブスクリプション更新を悩んだ件

世の中はサブスク流行りです。アプリケーションの世界ではサブスクが当たり前になってきていて、Adobeの製品もサブスクが基本になってしまいました。サブスクだと、自動更新を有効にしていない限り、このような警告が数日前から現れます。

現在、私が加入しているAdobeのサブスクは下記の2点です。

  1. Creative Cloudフォトプラン
  2. Acrobat Pro DC(Document Cloud)

前者は、Photoshop CCとLightroom CCが月額980円(税別)で利用できるプランです。20GBのクラウドストレージが付いてきます。

後者は、Acrobat Proが月額1,580円(税別)で利用できるプランです。100GBのクラウドストレージが付いてきます。

フォトプランに比べると、Acrobat Proの利用額って高くないですかね? かつてPhotoshopといえば高嶺の花のアプリケーションの代名詞でしたが、これにLightroomまで付いていて、月1,000円未満。かたやAcrobatはPDFの作成や編集などを一手に引き受ける、重要ですが地味なアプリケーションですが、1,600円ほど。クラウドストレージが100GBもあるからでしょうか?

両者を合わせると、月額2,560円(税別)、クラウドストレージの容量は120GBになります。む?もしかすると、Creative Cloudのコンプリートプランにしてしまった方がいいんじゃないでしょうか? これだと、Illustrator CCやInDesign CCなどAdobe定番のアプリケーションも使えます。もちろんAcrobat Proも。

が! 月額5,680円(税別)ですから、倍以上になります。Illustrator CCやInDesign CCの理世頻度は高くないでしょうから、さすがに割高ですね。この案は却下です。

ちなみに、AcrobatにはProではないStandardというエディションがあり、月額1,380円(税別)と少し安いです。Proとの違いは、テキスト認識、モバイル対応、ISO準拠PDFへの修正などです。いらないのでは?と思うでしょうが、テキスト認識機能はすごく役に立ちます。

複合機などでスキャンしたPDFのテキストを認識できるので便利なのですが、自動的に文字方向に合わせて回転まで行ってくれます。これは相当便利です。今までは、手動で回転させていましたから、ページ数が多いときなどは楽です。

なので、AcrobatについてはPro推奨です。

しかし、Creative Cloudで20GB、Document Cloudで100GBという、別々のクラウドストレージには何とかなりませんかね。天丼と温蕎麦のセットを頼んだら、温蕎麦に味噌汁が付いてくるとか、ラーメンとチャーハンを頼んだら、チャーハンスープが付いているみたいな、妙な持てあまし感があるんですけど。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。