Impressions―竹内まりや

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ある人に、このアルバムにある「駅」という曲がいいと勧められたので、聴いてみた(正確には「スーベニール」というライブ盤)。もともと、竹内まりやが好きである私は、ぜひ聴いてみます状態だったのだが、久しく忘れていた。

Impressions

私の知っているまりやさんは、どっちかというとデビュー後数年というあたりで、「セプテンバー」や「レモンライムの青い風」といった感じなのである。山下達郎と一緒になってからは、ほとんど遠ざかっていたと思ってよい。このアルバムも、トレンディドラマ(死語)のオープニング、いやエンディングテーマにふさわしいような曲がたくさんある。「シングル・アゲイン」「マンハッタン・キス」「告白」など。「駅」もそうだ。内容は、かなりアダルトである。

アルバム自体はベスト盤で、移籍後の曲をピックアップしており、達郎カラーも強い。当然、バックコーラスなどでご主人も参加している。「けんかをやめて」は、河合奈保子のために書いた曲で、本人がカバー(というのも変だ)。なんか、こう、しっとりした感じでよいのだ。「マージービートで唄わせて」「恋の嵐」「もう一度」などのポップなナンバーもよい。「リンダ」「本気でオンリーユー」などお得意のイングリッシュ。ナンバーも含まれている。

で、「駅」なのだ。地味めのイントロから始まる、ウエットな感じ。ある雨のラッシュ時の駅で偶然再会した男女を歌っている。再会といっても、女性が男性を見つけただけで、何か言葉を交わすところか、顔も会わせていないのである。久しく見つけた昔の男のことを見つめ、思い、昔を感じ、涙する。電車を降り、日常にまた紛れていく、そんな歌だ。肝は、「今わかるのは、愛していたのは私(女)だけということ」というあたりだろうか…。何でこんな歌を私に勧めたのか、わかったような気がする。なんてね!

実は、「駅」は何度も聴いているのだが、なぜか最後まで聴くことができない。途中でいろいろな記憶がフラッシュバックし、歌自体は聞こえなくなる。気が付けば、終わっている。そんな繰り返しだ。多分、こんな気持ちを私に伝えたかったのかな…とか思ってしまったが…。なんてね!

しばらく、はっとして聴き入ってしまいました。お勧めです!

記載内容は、一部フィクションです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. こなつ より:

     なっつかしいですね~♪
    昔よくカラオケで歌ってました。旦那様のコーラスは最高ですよね~♪『リンダ』は竹内まりやさんがアンルイスに作った曲ですよね?アンちゃんが結婚する時でしたっけ? 私が高校生の頃、山下達郎にハマってまして、アルバムを予約したらオマケでくれたポスターを部屋に貼ってたら、姉が『曲を好きなのは理解するけど、そのポスターを部屋に貼るのはどうだろ…』と言われました。Ride on time のデッカイ山下達郎ドアップのポスターでした。(o^-^o)

  2. kana より:

    「駅」は名曲ですよね。
    この曲はさる大物アイドルのために書かれた作品ではあるけれど、そのアイドルの解釈のひどさにかなり憤慨し・・・と山下達郎氏は解説していますね。
    私はその大物アイドルのファンで、彼女の情感たっぷりの「駅」を先に聴いているのだけれど・・・
    こちらもすごくイイですよ。切なくて艶っぽい。
    達郎さん、どこがいけないわけ??という感じ。
    ちなみにアルバムは『CRIMSON』
    1986年、中森明菜・・・です。参考までに。

  3. なおさん より:

    >こなつさん
    山下達郎のRide on Timeのポスターとは、海に入って指でバキューンとかいうやつだったのでは?懐かしいですね。あのころはまだよかったのですけど、そのうち音楽会の竹村健一とか呼ばれるようになるのですよね。orz

  4. なおさん より:

    >kanaさん
    これは中森明菜に書いた曲だったのですか、知らなかった(恥)。でも、いかにもぴったりという感じで納得です。私の知ってる明菜さんは「少女A」とかそういうのですけど、デビューLPに収録されているのはけっこうしっとりした曲が多くて、これはお勧めなんです。確か、「プロローグ」といいました。まりやさんから話が逸れちゃいましたけど、ちょっと探して聴いてみよっと。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。