辛いもの探検隊―激辛マニア

う~ん、ついにこれを出すときが来たようだ。

Gekikara_mania_01

赤と黒というのは、こいつのことである。これを店先で見かけたときには、「ビビッ」と来てしまった。これは赤い糸、もしくは邂逅?運命の出会いというのか?というのはこっちの思い込みで、向こうはまったく意中にもなかったという感じだ。

Gekikara_mania_02

挑戦者求む、というのでのこのこ出てきてしまったが、やっぱり格の違いはあるようだ。

Gekikara_mania_03

「耐えられますか?」と聞かれると、「すいません、いまひとつ自信がないです」と答えざるを得まい。

Gekikara_mania_04

見た目は、ふつうのコーンスナック。

食べてみれば、「カール」に辛みを付けた感じ。

と思ったら甘かった。

しばし後に襲い来る激痛。

これは食べ物なのか?

普通に流通に載せていいのか?

水も氷もあらゆるものが無意味だ。

一個で、数十分は保つ。

というわけで、一個食べて敗退、残りは密封されて次の出番を待っている。次の出番があるのかどうか…。

スポンサーリンク
広告336*280

コメント

  1. N より:

    ♪赤は血の色ー黒は罪の色っオーレッ!
    …ハバネロと聞いただけでギブの私です。
    余ったスナックの再利用法としては、
    うどんやラーメンに入れ、具として使えますし、
    これなら料理を辛くしてくれる調味料とも兼ねて
    重宝するかもしれませんね。

  2. なおさん より:

    Nさん、
    ハバネロを甘く見ていたようです。デスソースの甘い方を制覇したからといって、いい気になっていたようです。
    コーンスナックのような味がするのでラーメンに入れるのはどうよ?という気もしますが、案外と合うかも知れません。
    粉砕して、料理のトッピングにするのもいいかも。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。