WordPressの記事URLの形式をパーマリンクにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

WordPress使い始めのブログ主によるWordPressの入門編。投稿ユーザを作ったら、投稿した記事のURLをパーマリンク(固定リンク)にしてみよう。デフォルトでは、投稿のIDを引数にして渡すタイプなので、SEO上よろしくない。

そこで、日付などを交えて固定に見える形式として、SEO上の障害をまず除去しておきたい。

設定は簡単。ダッシュボードの「設定」から、「パーマリンク設定」を選ぶ。

wordpress_15

あとは(パーマ)リンクの形式を選ぶだけ。

wordpress_16

カスタム構造で、年、月、IDの三段構成になるようにした。

ちなみにデフォルトでは、投稿IDを引数とする形式になっている。カスタム構造でURLの形式を指定する場合、リクエストがデフォルト形式でも、自動的にURLが変換される。

これはつまり、形式の相互変換が可能になっているということだ。さらにいえば、あとでパーマリンクの形式を変えても、追従できるということだ。

なので、安心してパーマリンクの形式を変えよう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。