男性専用車両があってもいいと思うの。

鉄道

女性専用車両はあるが男性専用車両はなぜないの?という記事を見かけました。

男性専用車両、なぜないの? 女性専用は「82路線」、男性「ゼロ」の理由

例によってリンクが切れている可能性もありますが、その際はご容赦を。

JR西日本広報部の担当者は「痴漢に間違われるのはまれなケース。男性専用車両を求める声は多い状況にない」。別の鉄道会社の広報担当者は「男性専用車両はむさ苦しくて、乗りたくない人が多いのでは」と言います。

記事を読めば、単にニーズがないから、と読めますが、「むさ苦しくて乗りたがらないのでは?」というのには異論があります。いえ、私がそっちの気があるわけではなく、男性だけなら男性だけの安心感というか、そういうのがあると思うのです。

だいたい、むさくるしいと言ったって、男子校は男ばっかりだし、私の通っていた大学は、女子が多い学科(情報)と言われていても比率は1割に満ちませんでしたし、全体ではほぼ男子大学でした。職場だって、最近はちょっと増えましたが、それでも2割もいません。いても事務方。

要するに、男ばっかりの社会で生きてきた、普段は男ばっかりの社会で生きているので、今さらそんなことは気ににならないのです。

むしろ、男性専用なら痴漢扱いされて一生を台なしにされるリスクもないし(これは大きい)、非難を覚悟で言えば妊婦さんに席を譲る必要もないし(最近狙い撃ちされるんだよなぁ)、同じく小さなお子さん連れも少ないと思うのです。さらに言えば、電車コスメを見る必要もないし、女性の大きなバッグにどつかれるストレスもない。

こうして具体的に考えてみれば、男性専用車両、結構快適かも。鉄道会社さん、真剣に検討してくれませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする