Flickrを使いはじめる

Flickr(フリッカー)というサービスを使ってみることにしました。以前から、自分の撮った写真をこのブログで発表してきましたが、単に載せているだけで、整理しているという感覚はありませんでした。別にWebサイト(http://www.naosan.jp/)も立ち上げましたが、開発はなかなか遅々として進みません。そこで、世界の優れたサービスを使ってみようと思ったわけです。

Flickr_01

Flickr
Flickr is almost certainly the best online photo management and sharing application in the world. Show off your favorite photos and videos to the world, securel...

Flickrを使うと、こんなことができるようです。しかも無料です。

  • 写真(動画)をアップロード、公開できる。
  • 他人の写真を見て、タグを付けたりコメントしたりできる。
  • セットを作り、写真を整理できる。
  • グループに参加して、コミュニケーションができる。
  • プリントなどのサービスを利用できる(これは有料)。
  • 等々。

いわば、個人の写真庫という性格のほかに、写真を通じたコミュニケーションのサイト、といった性格も持つと言えます。

Flickrは米国Yahoo!のサービスですので、米国Yahoo!のIDを取得する必要があります(Yahoo! JAPANのIDは使えません)。ちょっと面倒なのですが、取得しましょう。上記のアドレスから入って、「Sign Up」をクリックして出る画面で、Yahoo!のIDを取得できます。当然英語ですが、難しいところはありませんので、カンタンに取れるでしょう。

Flickr自体も英語のサービスです。ですが、難しい言い回しはありませんので、普通に使えるでしょう。こんなサイトもありますので、参考にできます。

Flickrの使い方

最初にログオンすると、最初にすべきことをガイドしてくれますので、安心です。まずは、「Personalize Your Profile」でプロフィールを編集します。

Flickr_02

アイコンを作り(画像をアップロードして使用できます)、写真の置き場所のURLを作成し、プロフィールを編集します。プロフィールは非常に簡単なものですが、自己紹介を英文で入れたりすることになりますので、簡単な英作文程度はできるようになっておきましょう。

次に、最初の写真をアップロードします。まずは1枚か2枚、アップロードしてみましょう。

Flickr_03

アップロードする写真ですが、特にサイズを縮小したりする必要はありません。撮影時のファイルをそのままアップロードできます。ただし(ここが重要)、無料版では1ヶ月の間にアップロードできるファイルの総量に制限があります。ですので、大きなサイズのファイルをアップロードしていくと、あっという間に、制限に達してしまいますので、要注意です。

まずは、とにかく写真をアップロードしてみました。こんな感じに、トップページに表示されるようになります。

Flickr_04

個別の写真を見たければ、写真をクリックします。大きく表示されます。最大、1,024ピクセル幅までの写真を見れるようです。

Flickr_05

コメント欄がありますので、ここに誰でもコメントを書き込めます。

このあたりまでが基本操作で、あとは「セット」を作ったり「グループ」に参加したりと、楽しみの幅が拡がる仕組みが用意されています。

なお、無料版では、1ヶ月に100MBまでしかアップロードできません。4MBほどの写真ファイルですと、25枚でいっぱいです。アップロードの総量自体には制限はないのですが、へたすると1日で制限に達してしまうかも知れません。

このほかも、動画に関する制限や、トラフィックに関する制限もあります。これらの制限を取っ払いたければ、有料版に切り替える必要があります。有料といっても高額なものではなく、年間25ドル(2,500円以下)ほどなので、ひと月200円ほどです。本格的に使うなら、検討すべきでしょう。

ということで、Flickrの使い始めを紹介してみました。果たして自前で作るのがよいか、既存のサービスを利用するか。答えは出ているような気がしますが、少しずつトライしてみることにしましょう。

コメント