フォネティックコードを知ってるかい?

企画関連で、フォネティックコードで盛り上がった。ところでフォネティックコードって何?ということだが、アルファベットの通話表である。フォネティックとはphonetic。Wikipediaによると、こんな説明だ。

NATOフォネティックコード(英: NATO phonetic alphabet、仏: Alphabet phonétique de l’OTAN)は、欧文通話表のひとつ。無線通話などにおいて重要な文字・数字の組み合わせを正確に伝達するための、国際的な頭文字の規則の通称である。

Alphabetletterscolorful

NATOというくらいだから本来は軍用だろうが、ブログ主は学生時代にアマチュア無線をかじっていたので、似たようなものを使っていた。似たようなものと書くのは、NATO版と自分の記憶が異なるからだ。

例えばこんな感じ。

JはJuliet(NATO)、Japan(ブログ主)。
NはNovember(NATO)、Nancy(ブログ主)
OはOscar(NATO)、Ontario(ブログ主)
ZはZulu(NATO)、Zebra(ブログ主)

ベースは一緒なんだろうけど、日本人に発音しやすいものを使う人が出てきて、いつの間にか定着してしまったのかも知れない。あるいは、ブログ主の記憶違いかも知れない。

この手の話は、女子相手だと盛り上がらない。やっぱり男の子向けの話題なのだと痛感。

スポンサーリンク
広告336*280

コメント

  1. ニャージリン より:

    これってフォネティックコードって言うんですね!
    時々映画で軍関係者が情報伝達に使っているあれですよね。
    確かに女の子には分からんようです(^-^;
    職場で薬を電話で発注する時にBとDが間違われたので、ブラボーのBって言えば?と言ったらポカンとされました(;´д`)トホホ…

  2. なおさん より:

    ニャージリンさん、こんにちは。
    私も、電話などでMとNとか紛らわしいときに「マイクのMです!」とか「NovemberのNです!」とか言うことがありますが、一瞬固まられてしまうことがあり、「しまった!」と思うことがあります。
    そもそも相手が「スペルがわからん!」ということもありますしねぇ…。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。