県立フラワーセンター大船植物園が存亡の危機に!

梅雨に入ったというのに、気候は夏のようだ。お日さま好きのブログ主はもったいないということで、久しぶりに神奈川県立フラワーセンター大船植物園に行ってきた。今は、スカシユリの群生が見頃。あとはハナショウブ、アジサイという順かな。でもそれはさておき、帰り際に、この植物園が存亡の危機にさらされているということを聞いた。

Oofuna_botanical_01

配られたビラをスキャンしておいたので、参考にして欲しい。

201406

ポイントは、この植物園が、すでに民有化への段階に進んでいるということだ。この植物園は鎌倉市岡本にあるが、鎌倉市への委譲も不調だったということで、残されているのは民営化だけなのか、ということ。

細かい裏は取っていないので、まずは個人的な感情として、この運動の支持を表明させていただいた。周りの何人かの方にはぜひ署名したいという声もいただいたので、何らかのつてになるのではないかと思った。

続報があれば、追ってここの投稿にしたい。

このシリーズの記事:
県立フラワーセンター大船植物園が存亡の危機に!
(続)県立フラワーセンター大船植物園が存亡の危機に!
県立フラワーセンター大船植物園の初夏の昆虫たち!
県立フラワーセンター大船植物園のHomeless Cat!
県立フラワーセンター大船植物園の清楚なテッポウユリ!
県立フラワーセンター大船植物園の初夏といえばハナショウブ!
県立フラワーセンター大船植物園のスカシユリの群生が見事!
県立フラワーセンター大船植物園のバラはほとんど終わりだった…。
県立フラワーセンター大船植物園はハトとスズメの天国だった。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。