瀬戸龍介さんとの出会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

実力があり評価されていながら、日本ではあまり知られていないミュージシャンに瀬戸龍介さんがいます。1945年生まれなので、もう60歳を超えているはずですが、エネルギッシュに活動を続けています。なぜこの人のことを書こうかと思ったかと言いますと、投稿当時40代の私が高校生時代(つまり80年ごろ)に彼の存在を知り、音楽、ラジオ番組と深く関わるにつれ彼の魅力を知り、友人を巻き込んでのファンとなっていたからです。その彼が最後のラジオ番組を終えてアメリカに再び渡ると聞いたときに、大学生になっていた私は次第に離れていきました。その後20年間、彼の名前を聞くことはあまりなかったのですが、ひょんなことから彼の書いた本、そしてアルバムもリリースされていることを知り、思わず何か書かずにはいられなくなったのです。

瀬戸龍介公式サイト: AMAN RYUSUKE SETO OFFICIAL WEB SITE

公式サイトがあったなんて、最近知りました。ひととおり目を通せば、瀬戸龍介さんがどんな人かわかると思います。

瀬戸龍介さんのことについては、この公式サイトを見てもらえればわかると思いますので、詳しく書くのを省略します。私の年代では、The New FrontiersやEASTでの活躍は知りません。おそらくは、日本に帰り、瀬戸龍介としての活動を始めたあたりが、多くの人とのの接点ではないでしょうか?

瀬戸龍介さんのシングル「Beautiful Morning」は、テレビCMを打つほどの鳴り物入りでリリースされました。このCMは、しっかりと録音したのを保存してあります(録画でないのが、時代ですねぇ)。「~Oh What a beautiful morning, oh what a beautiful sun…」というサビの部分と、ご本人によるタイトルの紹介という15秒のものです。当時、いかに力を入れていたかわかりますね。おわかりでしょうが、「Beautiful Morning」の歌詞はほとんど英語です。「ほとんど」と書いたのは、「ひふみ・ゆらゆら」というフレーズが一部にあるからです。この意味、わかりますか?

瀬戸龍介さんは、東京のラジオ局であるニッポン放送の平日深夜に、10分間のラジオ番組の枠を持っていました。キー局であるニッポン放送では深夜0時10分から、10分間の「快刀乱麻 龍介のひとりごと」が1年ほど続いていたのを覚えています。これも最終回はしっかりとエアチェックしました。玄米おにぎりに梅干しさん、三輪山のUFO話、懐かしいです。それで、この番組のオープニングは、上で書いたシングル「Beautiful Morning」のB面、「日の光 月の光」です。何とも難解な歌詞で、当時高校生だった私には「あ・や・わ」「あ・お・う・え・い」といった掛詞が実に謎で、その興味から瀬戸龍介さんに興味を持ったと言えると思います。ちなみに「龍介のひとりごと」は、そのまま瀬戸さんの本「新しき旅立ち」の副題にもなっています。さらに言えば、本題の方は名曲「新しき旅立ち」とまったく同じです。

新しき旅立ち―龍介の独り言 新しき旅立ち(カバー画像出ません)

さらに、瀬戸龍介さんは同じくニッポン放送の深夜放送「オールナイトニッポン」第二部のパーソナリティを務めたこともありました。ちょうど、南こうせつさんの前になりますね。残念なことに、終盤は「ポップスベスト10」などという、瀬戸さんでなくてもいいようなコーナーをはめられていましたが、流暢な英語を話す瀬戸さんには、このコーナーが合っていたような気もしないでもありません。それでもちょっと不自然だな、と思ったことを覚えています。この最終回も、しっかりとエアチェックしました。この回では、「新しき旅立ち」を生で演奏、歌ってくれました。12弦ギターの醸し出すバックと力強い歌声は、今でもしっかりと思い出されます。「Feeling you on my shoulder, feeling you in my ear…」自らの五感で感じることの少なくなった今、むしろそうしようよと訴えかけているようにも聞こえます。

ラジオ番組から離れましょう。シングル「Beautiful Morning」の前には、「スサノオノミコト」というシングルがリリースされていました。このシングルのB面は「桃源郷」で、個人的にはこちらの方がずっとインパクトがあると感じていました。この2曲は、その後リリースされるアルバム「五六七」(これで「みろく」と読む)に収録されます。このアルバムは、実に衝撃的でした。瀬戸さんの奏でる12弦ギター、それにキーボード(シンセサイザー)、ベース、ドラムスといった楽器に加え、琵琶、和太鼓、尺八などの日本楽器で構成されています。「天女の森」には、あの白鳥英美子さんがボーカルで参加しています。実に美しい歌声です。圧巻は、「スサノオノミコト」でしょう。古事記にある素戔嗚尊伝説を語り調で展開する10分を超える大作ですが、和楽器を持ち込んだセッションがこれほどのものかと感動します。私は、このアルバムをテープにダビングするのに、メタルテープ(懐かしいな~)の中でも特級品の、ダイキャスト入りというものをわざわざ購入した覚えがあります。テープ1本で1000円近くしました。高校生には、破格の買い物です。でも、「間」が大事なこのアルバムを録るには、ヒスノイズが目立っては台無しと思ったのです。それほどのものでした。

個人的には、「五六七」のCD化を望んでいますが、それは叶えられていないようです。仕方ないので、テープからPCに取り込み、MP3にして聴いています。それでも、作品のダイナミズムは失われませんね。でも「五六七」で「ミロク」とは、少々強引な気もいたします。ちなみにアルバム「五六七」の最後には、「三六九」で「ミロク」という曲も収録されています。「ミロク」とは「弥勒」であり、50億年後に現れて世界を救うと言われている、それを表したものだそうです。

次に行ってみましょう。「華厳絵巻」実にあでやかなジャケットのアルバムでした。このアルバムの背景には、辻が花染め(アルバムジャケットに出てきます)の久保田一竹氏の公演があるようです。私は詳しくは知りませんが、この公演で使用された曲の一部がアルバムに編成され、リリースされたようです。このアルバムにも白鳥英美子さんがボーカルで参加し、そのほか細野晴臣、福沢もろなどのメンバーが参加しています。実にそうそうたるメンバーです。これは、聴いていただくしかないと言うしかありません。

現在は、AMAN RYUSUKE SETOとして活動していらっしゃるようです。ちなみにAMANとは、バリ島の地名であるアマンのことを指すらしいです。アマンとは、平和とか清々しいとか言う意味と言うことです。いかにも瀬戸さんらしいですが、それでもなんかちょっとらしくない、という感じもします。

とても書ききれませんが、これで瀬戸龍介さんに少しでも興味を持っていただける方が出てくれれば幸いです。ここまで書いただけで、「一二三」「三六九」「五六七」という三つの数字の組み合わせが三つも出てきます。数字の組み合わせには、何か神秘的なものを感じます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ティルデ より:

    はじめまして、ティルデと申します。mixiから来ました。
    僕も同じ東急田園都市線宮崎台に住んでおります。
    YouTubeでRandy Meisner/Heart On FireのPVを
    見てるうちに瀬戸龍介さんのお名前を思い出し検索
    しているうちに、なおさんのブログにたどりつきました。
    龍介のひとりごと・オールナイトニッポン第2部ともに聞いてました。
    実はRandyはオールナイトニッポン第2部にゲスト出演して、
    アルバムタイトル曲の「One More Song」を龍介さんの
    12弦ギター演奏をバックに歌ってくれたんです!!
    「Beatiful Morning」を毎週歌ってくれていた
    ように思います。番組最終回聞き逃しましたので、
    ぜひ聞いてみたいです。当時から只者ではないと思って
    ましたけど、全米アルバムチャート10位とは凄すぎますねー!
    今後の瀬戸さん娘さんの活動に注目したいと思います。
    突然のコメント書き込み失礼しました。m(_ _"m)

  2. なおさん より:

    ティルデさん、はじめまして。mixiからようこそ。
    コメントありがとうございました。
    この記事にコメントが付くとは思っていなかったので(それでもPageViewはけっこうあるのです)、ちょっとびっくりしました。
    Randy Meisnerとはイーグルスのベーシストでしたか?ちょっとゆかりがわからないのですが…(申し訳ない)。
    オールナイトニッポンの最終回はテープに録ったのですが、MP3化したかは記憶にありません。今度探しておきます。さすがに30年近く前のテープになるので、音質は期待できないかも知れませんが…。
    宮崎台にお住まいということ、近場なのも縁ですね。またよろしくお願いします。

  3. ティルデ より:

     こんばんは!! 突然ですが
    10/14(日)鵠沼海岸で海岸のゴミ拾いの後、
    瀬戸さんのライブがあります。ご一緒しませんか?

  4. 野の花 より:

    はじめまして、なおさん。今、「瀬戸龍介」を検索してたどり着きました。そしてとってもうれしいです!瀬戸さんにはこんなに熱心なファンがいたのですね。
    私も負けず劣らずの大ファンでした(過去形ではいけませんね)。19歳の秋(年がばれましたね)、「スサノオノミコト」を聴いて電気ショックを受けたような衝撃を受けました。そして「瀬戸龍介って知らない?」と友人に聞くと「瀬戸龍介の独り言」というラジオ番組を教えてくれました。それからはもう毎晩瀬戸さんと夜を共にする毎日・・・(笑)。けれども、その唯一の楽しみも翌年6月?にはピリオドが打たれ、それからなんと23年間、私は彼を捜し求めていたのです。
    突然の再会・・・それはパソコンでの検索によって果たすことが出来ました。彼のホームページが出来、アップされたばかりの時に・・・。そして、そこには親友のミュージシャンが亡くなって、シアトル在住の彼が京都で追悼コンサートを開く事が書かれていました。京都なら行ける・・・行こう・・・そして、23年間の夢を彼に託してみよう・・・そして島根から京都へと旅立ちました。
    そして、初めて瀬戸龍介を目にして、コンサートの後、彼に直接お会いしました。大きな手に包まれた時は感動の涙があふれました。こんなことってあるんですね。それは私の人生で、もっとも感動した出会いでした。

  5. なおさん より:

    ティルデさん、こんばんは。どこからそのような情報を…?ぜひ参加したいですね。よろしければ、直にメール下さいませ…。

  6. なおさん より:

    野の花さん、初めまして。島根県からありがとうございました。当時の瀬戸さんをご存じの方がいて、とてもうれしいです。瀬戸さんの生き方、作品には、流行廃りとは関係のないものを感じますね。私はご本人にお会いしたことはないです、というか会ったら怖いような気もしています。でも会いたいような気もします。そのうち叶えられるのかしら…。

  7. 野の花 より:

    なおさん、お返事ありがとうございます。
    私の方こそ、なおさん、ティルデさんという熱烈な瀬戸ファンと出会えて、大変喜んでおります。
    なおさんがいざ瀬戸さんとお会いするのは怖い・・・と言われる心境・・・わかるような気もします。私もそうでしたよ。でもね、実際にお会いした瀬戸さんは、とてもあたたかくて、やさしい人でした。私は「五六七」のジャケットの写真のちょっと野性的な風貌の方をイメージしていました。実際にお会いしたら、あの写真と同じ人?と面食らってしまうほど、ソフトな感じの方でした。ぜひ10月14日、ティルデさんと共に海岸のお掃除イベントに参加なさって、お会いしてください。そして、生の瀬戸さんを感じてみてくださいね。

  8. なおさん より:

    野の花さん、こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    私のイメージは、あのラジオの声のイメージ、そのままなんですよ。
    声だけで暖かさが伝わるような、そんな声です。
    それにあの風貌が(私はちょっと素戔嗚尊的なイメージを持っているのですが)加わって、瀬戸さんができあがる、という感じですね。
    最初のつきあいが、声から始まっているからかな、と思います。それにラジオ放送に没頭したことも。
    14日は、何か行事がない限り、参加する予定です。

  9. 野の花 より:

    それでは10月14日、楽しみですね。ぜひ瀬戸さんの印象など日記でお知らせくださいね。楽しみにしています。

  10. なおさん より:

    野の花さん、こんばんは。
    瀬戸龍介さんとのゴミ拾い(なんか変だな)、ぜひいってみたいと思います。行けたらこのブログで報告しますね!
    それに、私の自然関係の記事、見て下さってありがとうございます。こういうのお好きなら、励みになります。まだまだ投稿しますので、ぜひ見て下さいね!

  11. 野の花 より:

    今日、久しぶりに瀬戸さんの音楽を満喫しました。「KEGON」というCDの中の「華厳絵巻」「三輪山」もすばらしい曲ですよね。瀬戸さんを求めて、情熱のおもむくままに京都に行った、なつかしい日のことを思い出しました。またこんなすばらしい曲を創ってほしいものですね。

  12. なおさん より:

    野の花さん、
    華厳絵巻は、私の所有するアルバムなんです。両方とも、名曲ですが、なんと言ってもアルバムジャケットのデザインが秀逸です。瀬戸さん、今年はいろいろやりますよ!とおっしゃっていましたので、期待しています(マキシシングルが出るようですね!)

  13. 野の花 より:

    「華厳絵巻」のアルバムジャケット、確かに美しいと思いました。と言っても、ネットのオークションに出ているのを見ただけですけどね。
    なおさんはどうやって瀬戸さんの情報を得られるのですか?私なんて全然どこからも入って来ないのですが・・・。

  14. なおさん より:

    野の花さん、
    瀬戸さんの情報は、瀬戸さんのWebサイトと、RYUSUKE AND FRIENDSというファンクラブ?のみです。といっても後者のメールは、正月に一回来たきりですけど。返事を出さなかったのが悪いのですが…。
    何しろ、Googleで瀬戸さんを検索して、二番目に出てくるのがこのブログですから…。

  15. 野の花 より:

    そうでしたか。私は瀬戸さんのファンクラブには登録したはずなのに、忘れ去られているようです(笑+汗)。瀬戸さんのサイト・・・久しぶりに開いてみました。そしたら、あのなつかしい「瀬戸龍介の独り言」が2つ、聴けるようになっていて、本当に胸が震えるような思いで聴きました。そして、あまりにもせつなく、あの当時にタイムスリップした自分がいました。なおさんはお聴きになりましたか?「日の光 月の光」がとても綺麗でした。

  16. なおさん より:

    野の花さん、
    瀬戸さんの公式サイトに改めて行きました。
    「龍介の独り言」が聴けるなんて、全然気付きませんでした。
    二回分ですが、さっそく聴きました。
    いやぁ、懐かしいですねぇ。
    瀬戸さんの声も、ずいぶん若いです。
    それに話題にしている内容がまた、その頃の流行りというか…。
    これで、手持ちの最終回とともに、初回が揃ったことになります。
    情報を、ありがとうございました。m(_ _)m

  17. 野の花 より:

    この広い広い世界に、瀬戸さんの事を共有出来る人がいて、本当にうれしいです(これって瀬戸さんにはちょっと失礼かな?笑)。
    「野の花の独り言」にならずに、誰かと瀬戸さんを語れるって、なんて幸せな事なのでしょう。瀬戸ファンでいてくださって、本当になおさんには感謝します。

  18. なおさん より:

    野の花さん、
    そこまで言ってしまうと、他に瀬戸さんが好きな人がいないみたいで、とんでもないことにありそうですね。
    でも、瀬戸さんを好きな人はまだ全国にいると思うのですよ、もしくは旧EAST、旧New Frontiersのファンとか。
    そういった人たちとも、盛り上げていければいいですね。
    (その割に何の反応もないのが寂しい…)

  19. Zak より:

    こんにちは。瀬戸さんグーグルしてきました。
    私はアメリカに住んでますZakと申します。
    当時The New Fronters . Eastの演奏を
    中野公会堂にて毎月行なわれていた
    Students Festivalという集いで聞いてました。森山良子さんとかもいたんですよ。。
    あの当時のEastの音造り/機材にはビックリしました。
    10月14日のコンサートはどうでしたか?

  20. なおさん より:

    Zakさん、はじめまして。
    コメントの書き込みをありがとうございました。
    実は10/14のコンサートには故あって行きませんでした。残念でした。また機会があれば、今度はいきたいと思っています。
    瀬戸さんつながりで、多くの人が声を掛けてくれるのはうれしいですね。
    またいらして下さい。

  21. 古いファン より:

    ニコビデオで見つけました。
    http://www.nicovideo.jp/watch/nm7929827
    瀬戸さんの音楽を広めるために、できれば熱いコメントお願いします。

  22. なおさん より:

    こんにちは。
    ビデオ、拝見しました。
    今なら、こういう風に映像とともに創ったりもできるのでしょうね。
    さっそくコメントしましたが、題字が…。
    ありがとうございました。

  23. 一路 より:

    はじめまして、
    私も瀬戸さんが大好きな27歳女子です。
    先月も、パーティで瀬戸さんとお会いしてきたのですが本当に素敵ですよね☆
    瀬戸さんには、音楽を通して・ご本人との会話を通して色んなことを教えて貰っています。
    もう感謝の気持ちで涙が出てきそうなくらいです。
    AMAN 、私はとても瀬戸さんらしいと思いますよ☆
    人間は成長し続ける生き物ですので、成長したくさん感じたことや想いが詰まったとても素敵なお名前だと思います
    夢を追いかけ、その途中で悩んだ時瀬戸さんに相談しました。
    瀬戸さんからのアドバイスは、同じアーティストとしての経験者目線からして下さったもので発展途上の私にもアーティストとして見て下さった事がとても嬉しく、今、恩返しをしようと頑張っています。
    長くなってしまいすみません;
    これからも一緒に応援出来たら素敵だと思います☆

  24. 一路 より:

    はじめまして、
    私も瀬戸さんが大好きな27歳女子です。
    先月も、パーティで瀬戸さんとお会いしてきたのですが本当に素敵ですよね☆
    瀬戸さんには、音楽を通して・ご本人との会話を通して色んなことを教えて貰っています。
    もう感謝の気持ちで涙が出てきそうなくらいです。
    AMAN 、私はとても瀬戸さんらしいと思いますよ☆
    人間は成長し続ける生き物ですので、成長したくさん感じたことや想いが詰まったとても素敵なお名前だと思います
    夢を追いかけ、その途中で悩んだ時瀬戸さんに相談しました。
    瀬戸さんからのアドバイスは、同じアーティストとしての経験者目線からして下さったもので発展途上の私にもアーティストとして見て下さった事がとても嬉しく、今、恩返しをしようと頑張っています。
    長くなってしまいすみません;
    これからも一緒に応援出来たら素敵だと思います☆

  25. なおさん より:

    一路さん、コメントをありがとうございました(いちろさん、でよろしいんですかね?)。
    こういうコメントをもらいますと、改めて瀬戸さんのファン層の厚さというか、そういうものを感じずにはいられませんね。
    年齢、性別を問わず人の心を惹きつける魅力が瀬戸さんにはあるのだということを、改めて感じます。
    アーチストとしての成功を、お祈りしております。

  26. 匿名 より:

    アムウェイ

  27. 新御茶ノ水博士 より:

    私も、ラジオで瀬戸龍介さんの番組を聴いていました。その後、瀬戸龍介さんのファンクラブのメンバーになり、ライブにも欠かさず行っております。

    • なおさん より:

      こんにちは。古い投稿にもかかわらずコメントいただきありがとうございます。瀬戸さん、末永く応援して下さいませ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。