PS3に外付けハードディスクを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

PS3ことPlaystation 3は、ゲーム機というより、コンピュータという感じです(実際、コンピュータなのですけど)。その最たるものは拡張性で、USBコネクタを使って周辺機器を簡単に増設できます。今日は、ハードディスクの増設に挑戦してみました。

ちょうど、使っていない外付けの2.5インチHDDがありましたので、これを接続してみます。ですがここで注意。使っていなかったといっても、かつては使っていたとすれば、そのHDDはNTFSなどでフォーマットされている可能性が高いです。PS3は、NTFSのHDDを認識できません。FAT32でフォーマットしてやる必要がありますが、これが困りました。

私の使っているWindows 7では、FAT32のフォーマットができません(NTFSかexFATのみ)。他にあるWindows XPパソコンは、SP3になってしまっているので、これもexFATをサポートする替わりにFAT32は使えないようです。重ね重ね、これは困りました。

ですが世の中には、こういったニーズの間隙を縫ってくるところがあるものです。バッファロー、周辺機器メーカーが、「ディスクフォーマッター」としてフリーでソフトウェアを公開してくれています。

ドライバーダウンロード Disk Formatter | BUFFALO バッファロー

これをインストールしましょう。インストールは、ダウンロードしたEXEファイルを実行するだけなので、簡単です。

起動すると、UACに引っ掛かりますが、これはディスクをフォーマットするなどの機能を持つためで、目的のためには先に進みます。最初には、こんな画面が出ます。

Disk_formatter_01

通常は、これはシステムドライブなので、ここをフォーマットしたらえらいことになります。USBのHDDがきちんと認識されていれば、上のドロップダウンで、HDDを切り替えられるはずです。

Disk_formatter_02

上のドライブ表示が「USB~」となっていれば外付け、「IDE」となっていれば内蔵なので、よく確認しましょう。また、「ファイルシステム」が「FAT32」となっているか確認しましょう。「FAT16」「FAT12」も選べますが、大容量HDDの前には無意味です。

「フォーマット」を押せば、確認のダイアログボックスが出て、フォーマットされます。「不良クラスタのチェック」を行わなければ、非常に高速です。

これで、準備ができました。試しに、一回USBケーブルを抜き、再度差せば、USB HDDとして認識されるはずです。こうなればオーケーです。

このHDDをPS3につなげば、ビデオやミュージックなどのメニューに、このHDDが現れます。この時点では何も入っていないので、選んでも無意味ですが、すでにゲームのデモムービーなどをダウンロードしていれば、これをこのHDDにコピーして、PCなどで再生できます。

Disk_formatter_03

「QuickTime」で再生。MPEG-4コーデックがあれば再生できます。ただし1920×1080のHDムービーなので、画面に入りきらないし、CPUが貧弱だとスムースに再生できません。

Disk_formatter_04

これで、逆にPCからHDDに動画をコピーしてやれば、PS3で再生できるというものです。懸案の、DVD-VRから動画を取り込むという作業がありますので、続けてそれに挑戦してみるつもりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。