サフランモドキを三種のカメラで撮ってみる(3):Canon EOS40D+Canon EF100mm F2.8 MACRO IS USM

スマホiPhone 5, コンデジDMC-TZ10でサフランモドキカタリナ)を撮ってきましたが、今回は本命の一眼+マクロレンズです。Canon EOS40D+Canon EF100mm F2.8 IS USM MACROの組み合わせです。

やっぱり、世界が変わりますよね。

サフランモドキ(Carinata taken with Canon EOS 40D)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:サフランモドキ

前回の記事:サフランモドキを三種のカメラで撮ってみる(2):Panasonic DMC-TZ10

背景はわざと暗いままにしています。一眼で撮ると被写界深度は浅くなりますが、マクロレンズだとさらに浅くなります。背景が暗い上にぼけているので、サフランモドキのピンク色の花弁の鮮やかさが際立ちます。

サフランモドキ(Carinata taken with Canon EOS 40D)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:サフランモドキ

バックに、ツワブキを入れています。ツワブキの葉の緑が、サフランモドキのピンク色との対比で冴えます。

サフランモドキ(Carinata taken with Canon EOS 40D)
小さめの写真 Flickrで見る 新館で見る:サフランモドキ

こういった撮り方を意識してできるのが一眼、マクロレンズの醍醐味ですね。

三者三様の撮り味がありますので、優劣ではなく、好みやシチュエーション、手軽さなどで選ぶと面白いと思います。