MacBook ProのSSD+HDD化計画(2):その段取り。

MacBook Pro(2011 Early)のSSD+HDD化と、OS X Mavericksへのアップグレードをいっぺんにやろうというわけですから、段取りが必要です。今回は、以下のようにやろうと考えました。

Osx_109_01

  1. OS X Mavericksへのアップグレードを行う。
  2. 現在のHDDスペースにSSDを、DVDスペースにHDDを装着する(昨日の記事を参照)。
  3. HDDにある復旧パーティション(復旧-10.9)を用いてSSDにOS X Marvericsをクリーンインストールする。
  4. HDDから「移行アシスタント」でアップグレード前のコンテンツを復旧する。

もちろん、何が起きるかわかりませんので、Time Capsuleなどにバックアップを作っておきましょう(必ず)

ここのキモは、「移行アシスタント」でのコンテンツの復旧です。というのは、SSDは512GB、HDDは1TBなので、すべてのファイルをSSDに持ってこれません。ですので、移行アシスタントでコピーするフォルダを選ぶ必要があります。

実際には、設定、アプリケーション、ユーザ(ミュージック、ピクチャ、ムービーなどを除く)となるでしょう。

では、次回から個別に進めていきます。まずはOS X Mavericsへのアップグレードだ!

ところで、「Mavericks」って「Marvericks」と間違えませんか?つい。

追記(2013/11/13):後続の記事との整合性のためにタイトルと内容を若干変更しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする