新しいMacBook Proで有線LANを使うにはアダプタが必要!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

先日到着した、新しいMacBook Pro(Retina 15inch、2013 Late)には、Ethernetポートが存在しない。いつのモデルからこうなったかわからないが、とにかく存在しない。なので、有線LANにつなぎたければ、ThunderboltポートかUSBポートにつなぐアダプタが必要だ。

Wi-Fiがいくら高速になったと言っても、Gigabit Ethernetには適うはずもない。Ethernetなら、条件を満たせば理論値に迫る速度を出すこともできるが、Wi-Fiならせいぜい数割出ればいい方だ。我が家の802.11nアクセスポイントなら、せいぜい100Mbpsくらいである(理論値は300Mbps)。

Thunderbolt_ethernet_01

だから、大量のデータの転送、たとえばTime Capsuleからの転送などは絶対に有線でやるべきなのだ。無線でやったら数百GBのデータなんて途方もない時間がかかる。有線なら、一晩明ければ終わっている。この差は大きい。

ところが、AppleはEthernetはもはやレガシーだと見切って、標準装備をやめてしまった。Wi-Fiを標準にするのもいいのだが、現実はそれに追いついていない。困ったときの有線頼みということもあるので、有線設備は必須だ。

ということで、 Apple Thunderbolt – ギガビットEthernetアダプタを購入しておいた(MD463ZM/A)。これを使えば、Thunderboltコネクタが、Ethernetコネクタに早変わりする。

繋いでみたところ。全体的に、ケーブルが飛び出た感じになる。最近のAppleは、こんなんで統一しているようだ。

Thunderbolt_ethernet_02

ちなみに、LEDなどのインジケータ類は一切ない。なので、LINKしているのか、通信できているのかは、実際に通信してみるしかわからない。もしくは、システム環境設定の「ネットワーク」からIPアドレスの付与状況を確認するしかない。

RJ-45コネクタのある白い箱の中には、Gigabit Ethernetの回路が入っているので、けっこう発熱する。ただの変換コネクタではないので、そのへんは要注意だ。まぁ、USBなんかも同じ理屈なので、目新しい話ではないが。

いつも持ち歩く必要はないが、いざというときに揃えておいたら安心なアクセサリだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。