Parallels Desktopで仮想マシン側の時計がすぐに合わないのは?

Parallels Desktopを使って、Windows 8を利用しています。これが便利なのは、改めてくどくど書くほどのものではないのですが、Macを長い間スタンバイ状態にしておいたあとでは、仮想マシン側の時計がスタンバイになったときの日時を示したままで、なかなか気持ち悪いのです。

これって、どうにかならないのでしょうか?例えば、夜の11時にスタンバイにして、翌朝の7時にスタンバイを解除したら、時計はしばらく11時のままなのです。

ちなみに、仮想マシンの時計はMac側に同期するようにしてあります。

Parallels_timesync_01

ほっておけばそのうち正しい時刻になります。しかし急ぎたいときや、誤った時刻情報でファイルを作られたくもないときには、できるだけ速く正しい時刻にしたいわけです。

そういうときには、Windows側の機能で、インターネット時刻すなわちNTPサーバ(時刻合わせサーバ)に強制的にアクセスし、インターネットから取得した時刻情報に合わせてしまいます。

そうすれば、Mac側はそもそもインターネット時刻を使っているので、ほぼ同じ日時となります。

できれば、スタンバイを解除したときにただちに正しい時刻を示して欲しいのですが、その情報については目下調査中です。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。