iTunesのライブラリで元のファイルが見つからないと言われる。その対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

iTunesで、ながら音楽を楽しむ日々。だが、突然こんなことを言われて困惑した。

itunes_file_lost_01

iTunesのライブラリにはいろいろトラブルが起きるが、ファイルがロストしたというのは初めてだ。

でも、本当になくなってしまったのだろうか?

実はこのウィンドウの[場所を確認]のクリックで、ファイルを直接探せるようになる。ちなみにこのケースでは、「不明なアーチスト」の存在しないファイルを示していた。なので、アルバムのあるフォルダを探し、そこにファイルがあるのを確認して選びなおしたら、割り当てが正常に戻った(ようだ)。

itunes_file_lost_02

しかも、ほかにもロストしたファイルを探すか?と聞かれるので、「探して」というと探してくれる。ブログ主の場合、200を超えるファイルがロストしていたと出たが、そのほとんど(8個くらいは見つからないと言われた)が見つかった。よかった、よかった。少しは残念だが。

しかし、上のフォルダ画面を見ると、アルバム中の曲の数とファイルの数が合わない。さらによくよく見ると、番号が飛んでいたりする。しかしこれは、曲の情報を見ればわかる。

itunes_file_lost_03 itunes_file_lost_04

同じアルバムなのだが、微妙にフォルダ名が違う…。コンピレーションアルバムなど、複数のディスクに分かれているアルバムなどを整理すると、こんなことが起きるようだ。昔から、ジャンルの表記が英語と日本語間で変化したり、楽曲管理の仕様が微妙に変わることがあるのだが、今回のようにファイルが何処かに行ってしまった(実は行っていなくて単に忘れただけなのだが)というのは驚く。

古いバックアップからファイルを探さねばなるまいと覚悟していただけに、復旧してよかった。iTunesにはライブラリを自動で整理する機能があるようなので、今度試してみるつもりだ。もちろん、バックアップを取った後で。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。