上州麦豚うどん

このお盆に群馬県に帰ったのだが、夕方には近くて安価な温泉に入るのが習慣になっている。この日も、前橋駅前温泉というところに赴いたが、売店に気になるピンク色の物体が大量に積まれている。何かと思ってみれば、「上州麦豚うどん」。見てのとおり、ぶたをかたどったパッケージに何かが入っているようだ。

Mugibutaudon_01

パッケージの説明をよく見ると、中に2セットのうどんが入っているようだ。さらに詳しく見ると、どうやらカップ麺らしい。値段を見ると980円だ。ということは、1食490円ということになり、これはカップ麺としてはかなりの値段だ。躊躇していてもしようがないので、土産物にでもするつもりで1パッケージ購入してみた。我が家では、ぶたグッズは好印象を持って迎えられるからだ。

ちなみにリアは、こうなっている。徹底している。

Mugibutaudon_02

うどんについての詳細はこれ。もともと群馬は小麦の産地でうどんが盛んだし、肉類も美味しい。この麦豚は、とんかつなどで食べると本当に美味しいのである。これをフリーズドライにして、うどんの具にしてしまったというわけだ。

リンク: 前橋の新名物目指す「食べてよろこBU上州麦豚うどん」、販売開始 – 高崎前橋経済新聞

中身はこうなっている。幅広の容器が2つ、片方はぶたの顔を全面にフィーチャーしたデザインになっている。もう一方が普通すぎるのがちょっと残念だ。

Mugibutaudon_03

かやく類は大量にある。右側の根菜類(七味入り)、中央が麦豚をフリーズドライしたもの、左が油揚げである。スープは味噌仕立てで、生味噌ベースとなっている。

Mugibutaudon_04

見てのとおり、具だくさんの味噌煮込みうどんという感じだ。ごぼうがいい味を出している。豚汁うどんがベースになったというのも頷ける話だ。

Mugibutaudon_05

ふたにはおみくじがついている。ちなみに「大吉」。他にはないんだろうなぁ、というのは野暮である。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。