Windows XPを今インストールすると意外と大変。

仕事で必要になって、Windows XPを準備することになりました。ですが、これが結構大変です。多くの人に参考になるとは思えませんが、特殊ケースとして記録しておくことにしました。

まず、ライセンスの余っているWindows XPを準備しました。Service Packの何もあたっていない初期バージョンです。これを、以下の条件でインストールです。

  • Windows XPはアップグレード版の初期バージョン
  • MacのParallels Desktop環境に入れる
  • Windows 98からアップグレードする

Service Pack 3があたるまで何だかんだで半日かかりました。トホホです。

Windows_xp_01

Windows 98からアップグレードしたのは、Windows XPをまっさらでインストールしようとすると、旧バージョンのCDを要求されるからです。手元に見つからなかったので(なぜか行方不明)、しかたないのでWindows 98の仮想マシンをコピーして、そこからアップグレードしてみることにしました。

では始めましょう。Windows 98を起動して、Windows XPのCDをセット。自動再生しない場合には、setup.exeを実行します。

Windows_xp_install_01

[Windows XPをインストールする]を選んで、インストールを開始します。Wndows 98上でやるのはここまでで、必要なファイルをコピーしたら勝手に再起動して、Windows XPのセットアップが始まります。

基本的に、何も問題なく進みますが、画面の解像度だけは、SVGA(800×600)が最大になります。これは、必要なドライバ(Parallels Tools)がインストールされていないからです。これをただちに入れてしまってもよいのですが、これをするとドライブの空き容量が逼迫して、あとでService Packのインストールができなくなります。なので、後に回します。

さて、Service Packをあてる作業ですが、初期状態のWindows XPからはできません。普通にWindows Updateを実行しても、ブラウザ上でエラーになります。これは、Windows XPのブラウザがInternet Explorer 6だからなんですね。Microsoftも、このバージョンのサポートはやめていますから、さんざんたらい回しにさせられたあげくに、諦めざるを得なくなります。

ちなみに、ChromeやFirefoxも入りません。インストーラがエラーを起こします。トホホ。

仕方がないので、別のOS(Windows 8など)で、ITプロフェッショナルおよび開発者向けのService Packをダウンロードして、それをネットワーク経由でコピーして使うことにします。どうせならService Pack 3を最初にあてたいと思いますよね?ですが、実際にはService Pack 1が最低限あたっている必要がある、と怒られます。Service Pack 2はそのようなことはありませんでしたので、それをあてることにします。

それぞれ、ここから入手できます。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=28
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=24

しかしここで問題が。Windows 98からアップグレードした関係で、ドライブCの容量は2GBしかありません。これでは容量不足でインストールに失敗します。しかもFATでフォーマットされています。まずはFATをNTFSに変換します。これはコマンドプロンプトを使うしかなく、それを開いて以下のようにコマンドを実行します。

convert c: /fs:ntfs

いろいろ聞かれますが、すべてYで答えていくと、再起動して変換を実行するといわれますので、そのとおりにします。再起動したら、すぐに処理が実行されて、ドライブCはNTFSになっています。

2GBしかない容量はどうするのでしょう。仮想マシンのHDDは8GBありましたので、拡張してやればよさそうです。Windows XPにはそのような機能はありません。ですので、サードパーティのツールEASESUS Partition Masterを使います。個人利用に限り、フリーで使用できますから、ぜひインストールしましょう。これは、Windows XPから普通に入手、インストールできます。

http://www.partition-tool.com/

これで晴れて、ドライブCは8GBとなりました。心置きなく、Service Packが適用できます。幸い、初期状態でもネットワークは使えましたので、Service Pack 2のファイルをコピー、インストールを完了しました。

続けて、Service Pack 3もあててしまいます。これも問題なくOKですね。

ここまで来て、ようやくParallels Toolsをインストールします。これで、広い画面、Coherenceモード、各種デバイスの共有ができるようになります。久しぶりに見たWindows XPの画面は、とても新鮮です。ですが、このシンプルさはなかなかよいですね。当時は、派手だなぁと思いましたが。

後は、Internet Explorer 8を入れたり、Microsoft Security Essentialsを入れるなり、好きにして下さい。

役に立つのか、立たないのかわからないような記事でした。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。