米を食べなくなったワケ。

コメ離れが進んでいる、5kgが2,000円を切った新米でも見向きもされず、という新聞記事を読みました。あ〜仕方ないですかね。確かにコメを食べなくなっていますもの。大の穀物好き、しかもご飯大好きな私でさえ、ご飯を食べる量は減っていますものね。

歳のせいだって?ほっとけ!

A0002_011626

食べなくなった理由。これは私だけの話ではないです。「太る」というもの。ダイエットにご飯は大敵とかで、一切食べない人も増えているとか。個人的には、食べ過ぎなければ、パン食や麺類なんかより遙かに栄養バランスがよいと思うのですよね。腹持ちもいいですし。

美味しくなくなった。以前、新米の秋田県産「あきたこまち」が全然美味しくない、という記事を投稿しました。お米を、新米の山形県産「はえぬき」に変えましたら、おいしさが蘇りました。時期やお釜は同じ、とすると違うのはお米だけ。新米と言いながら古米を混ぜたり、秋田県産と言いながら他県産を混ぜたり、もしかしたら加工用のお米を混ぜていたのかも知れません。

という勘ぐりがあながち見当外れに思えないほど、偽装に関しては疑惑がピークに近いですぜ。食堂、食品、食糧業界の皆さま。

太る上に、美味しくなかったら高いお金を出してまで食べたくないと思う人が増えてきても仕方がない。もしかしたら汚染米とかいう話もあったので、健康にも悪い、という三拍子が揃うんでしょうか。TPPが締結されると日本の米作は壊滅する、などと言っていますが、すでに壊滅の兆候を自ら作り出しているんじゃないでしょうか。

日本人は、黒船すなわち外圧がないと変われないと言われます。とすると、TPPも劇薬になって何か変わるかも知れませんね。それが壊滅という方向に行かないように、やはりここは自浄作用が必要でしょう。

ご飯好きとしては、日本の米作が正常進化して欲しいです。頑張って下さい!

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。