カセットテープをデジタル化しよう(7)

前回まででカセットテープのデジタル化は完了したはずだったが、実際にやってみるといろいろな問題が出てくるものだ。今回は、IDタグの設定という問題である。

前回の記事で、MP3化したファイルのIDタグの設定の方法として、mp3infpを紹介した。個別にMP3ファイルにIDタグを設定するツールとして、非常に有用である。ただ、アルバムのように共通部を多く持つMP3ファイルの編集には向かないのであった。ファイルをまとめて選択してプロパティを表示させると、今度はmp3infpのタブが出てこなくなる。

そこで、Excelのようなイメージで編集できるものはないかな?とVectorで探していたら、案の定あった。しかも非常にわかりやすい。「表計算ソフトのようなインタフェースが特徴のMP3タグ編集ソフト」という説明のSuper Tag Editorを発見した。MERCURY氏の開発した、フリーソフトウェアである。これはありがたいと思い、さっそくダウンロードする。インストールも簡単だ。済ませて、起動する。親しみのある表計算ソフトのような画面が現れる。

IDタグの編集の基本は、「フォルダを開く」メニューでMP3ファイルのあるディレクトリを指定、表示されたリストの各ファイルについて、個別にIDタグ情報を書き込んでいくというものだ。最後に、「IDタグを更新」メニューでファイルに反映する。IDタグ情報については、表計算ソフトのような、というとおり、セル間でコピーしたりはもちろん可能だし、範囲選択して範囲内を同じにコピーしたり(アルバム名の設定に便利)、連番を記入できる(トラック番号の設定に便利)。

試しにやってみると、こんな感じだ。

supertagedit_01 クリックすれば拡大します。しない方がいいかも。

単独で書き換えたい場合にはmp3infpを、一括で書き換えたい場合にはSuper Tag Editorを、と便利に使い分けられそうだ。作者の方には、感謝、感謝である。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。