【Mac】Time Capsuleで安全・確実バックアップライフ開始(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

設置と初期設定が2日をかけて終わりましたので、いよいよ使って参りましょう。

前回の記事:【Mac】Time Capsuleで安全・確実バックアップライフ開始(2)

Timemachine_01

「システム環境設定」か「LaunchPad」から、Time Machineを開きます。初期状態では冒頭の画面のようにオフになっていますので、「ディスクを選択」をクリックします。

Timemachine_02

バックアップ先のディスクを選んでオンにします。この時点で、Time Capsuleにはバックアップ用のディスクDataが作成されています。パスワードを聞かれますので、初期設定のときに入力したパスワードをここでも入力します。

Timemachine_03

これで終わりです。バカみたいに簡単です。「オプション」というものもありますが、最初は触る必要はありません。余裕が出てきたら試してみましょう。初回のバックアップは、約2分後に開始されます。

Timemachine_04

ちなみに最初のバックアップはすごく時間がかかります。私の場合、500ギガバイトでほぼ一昼夜かかりました。Macを持ってお出かけする予定のあるときや、ヘビーな用途が控えているときには控えましょう。

Timemachine_05

さて、バックアップ中はステータスを見ることができますから、ヒマなときは見てみるとよいでしょう。バックアップが完了しました。あとは、定期的に実施されるバックアップに身を任すだけです。安心バックアップライフを堪能しましょう。

Timemachine_06

これで基本的な使い方は終了ですが、単なるネットワークディスクとしても使えますし、Windowsからも使えます。そのうち、このへんの使い勝手をレポートしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。