【写真】キヤノンからついにミラーレス一眼が登場!ちょっと楽しみ。

今日はちょっと夏らしかったかな?

ということで、キヤノンからついにといいますか、ミラーレス一眼が発表されました。ニコン-1の登場から1年、満を持しての登場です。これは楽しみです。

キヤノン:ミラーレスカメラ EOS M SPECIAL SITE

基本スペックは、先日発表されたEOS Kiss X6iと同等の性能のようです。そしてミラーがない分、小型、軽量化を果たしているとか。重さは半分程度ですって、マジですか。普段使っているEOS 40Dに比べれば1/3くらいかなぁ。これは軽い!

気になるのはレンズの互換性。新しくサポートされたのがEF-Mマウントだそうで、これまでのEFレンズ、EF-Sレンズは装着できません。しかし、別売のマウントアダプタを使うことで、EFレンズを使用可能になるとか。ただしこのアダプタは1万6000円ほどするそうで。

ボディだけ購入して、レンズはストックを使うと考えれば、アダプタは必須ですね。でもEF-Sレンズは装着できない?キヤノンのサイトを見てもあまりはっきり書かれていませんが。手持ちのEF-Sレンズは、マクロ60mmと17-85mmのみ。あまり影響はないかも。

後日追加:EF-Sレンズは使用可能です。

ちなみにフラッシュレス、だそうです。フラッシュを使いたければシューにフラッシュを装着するという伝統的なスタイル。私はあまりフラッシュを使わないので、あまり問題にはならないかも(日中シンクロはよく使うので、こういうときにつらいかな)。

これに、先日発売された40mm F2.8のパンケーキレンズを付けるのがいい感じですね。マウントアダプタの分、厚くなりますけどね。

久しぶりに、手に入れたい!と思うカメラが出てきました。今年のご褒美はこれに決まりかな?予想価格はボディで7万円くらい、年末にはもっと安くなっているといいなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする