駅ホームでのスマホながら歩き、危険です!

のっけから、車内放送のようになってしまいましたが。でも、マジで危ないです、スマホのながら歩き。自分が危険なだけでなく、周囲にとっても危険ですので、絶対にやめて下さいね。使うときは、安全な場所に立ち止まってから!

A0002_010602

本人にとって何が危ないか。そんなこと言うまでもないですよね。周りを見ていないんだから、自分にどんな危険が迫っているかわかりません。スマホに意識が集中して、ちょっとした姿勢変化でも大きな動きになることがあります。

周囲にとって何が危ないか。向こうはこっちを意識しないので、通常なら起こりえる回避行動とか、そう言うのが一切ありません。駅ホームの階段脇はたいてい狭いですから、そこをながら歩きされると、すごく危ないです。こっちが気を付けていても、バッファもないですから、脇に避けるのも危ないですし、できないこともあります。

最悪のケースは、ながら歩きさんが2人、正面からぶつかることでしょうね。そんなのがホーム階段脇の狭いあたりで起きたらと、ゾッとします。

まぁ、即座に危険には繋がらなくても、ラッシュ時の階段をながら歩きされると、そこだけ妙にもたついているような感じで、イラッとするものです。なぜそれだけの時間を我慢できないんだよ、我慢できないならベンチでひととおり触って、それから移動しろよ、と文句の一つも言いたくなります。

こういうことを書くと、世知辛いなぁと言われそうなのですが、気付いて改められることなら、改めた方がいいと思うのですよ。そうすれば、ながら歩きでホームから転落、ダイヤ大混乱、最悪の場合に本人も大変なことに、なんて皆が不幸になることを防げます。

とはいえ、気付くと地図を表示させたまま歩く、なんてことをしてしまうのですよねぇ。そういう使い方を想定しているので仕方ないものもありますが、そこは音声ガイドで何とかかバーできないものかな、とか思ったりします。

スポンサーリンク
広告336*280
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。