TSUTAYA Tカードプラスがリボ払いになっている件

tcard_plus_01

たまにTSUTAYAを使うので、TSUTAYAのカードを持っています。ファミマとか、提携企業ではポイントも付きますしね。今のカードは、TSUTAYA Tカードプラスというクレジット機能がついたものなのですが、先日請求を見たら、なんとリボ払いになっています。

リボ払いを心から憎む私めは、なぜこうなっているのか探りました。(おおげさ)

クレジット機能がついているのはそもそも不本意ですし(クレジット機能付きカードしかない)、しかも使わないと会費(年に500円)をとられるので、やむなくポイントのつくガソリンスタンドで給油時に使用しました。ガソリン代は6千円以上になるので、これだとリボ払いは3千円が3回、あとは残りとなります。もちろん、利息が上乗せされます。

これは嫌だ!そもそもなぜリボ払いになっているんだ!と、切り替え当時の通知を改めて見直しました。こういうのを取ってあるのが偉いですね。(バカ)

すると、そもそもTSUTAYAのカードの支払い方法はリボ払いなんです。変える前のカード(Wカード)は年会費無料だったのですが、変更後は有料になったので、年に一度は使わなければならない、でも使ったらリボ払い、そういう構造になっていたわけです。

でもご安心ください、請求が来ても、期日に間に合えば一括払いに変更できます。Tカードの運営会社であるポケットカードに会員登録し、会員ページから支払い方法を変更してください。これで永久に一括払いにできます。

この際、TSUTAYA辞めちゃおうかな?と思ってます。TSUTAYAの利用もほとんどないですし、Tポイントもせいぜい溜まって年に300ポイントくらいです(300円相当)。まったくメリットないですね。会計時に出す手間も省けます。データ提供代にしては安いし。

まぁ説明はよく読めよという感じですが、普通はよく読まないですよね。デフォルトが、ユーザにとってよくない条件である場合もある、と心得ておくことにしましょう、

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。