MacBook Proの電源アダプタ壊れる⇒非純正品に交換

愛用のMacBook Pro 15インチ(2013 Lateモデル)ですが、あるときまったく充電できなくなりました。コネクタ(MagSafe2)が、うまくはまっていないのかと何回か着脱を繰り返しましたが、まったくダメ。こうなると怪しいのは電源アダプタです。

実は、電源アダプタはMacBook Pro 15インチ(2011 Earlyモデル)のもので、MagSafeコネクタに純正のMagSafe2変換アダプタをかまして使っていたのでした。とすると、7年ほど使っていたことになります。それなら壊れても無理はないと思い、念のため本当に壊れているか検証することにしました。

と言っても、手持ちの古いMacBook Pro 15インチ(2011 Earlyモデル)につないでみるだけです。案の定、充電も何もされません。さらに、テスターで電源供給ピンの電圧を測ってみたところ、一瞬上がるものの、すぐにダウンしてしまいます。こりゃダメだということで、交換に踏み切るのでした。

ちなみにMagSafeの電源アダプタもまだ販売されていますが、7,800円もします。この先いつまで使うかわからないので、サードパーティ製品を探してみました。Amazonで検索すると、いくつか出てきますが、だいたい2,000円前後のようなので、最も売れていそうなものを選択。SUN-BOXという商標以外には不明の、China製品のようです。

素っ気ない段ボールに入って到着。

よく見て下さいね。「新品」と書いてあります。

中身は、お馴染みの白い電源アダプタです。純正品にそっくりですね。

一応、静電気に注意なんてことも書かれています。

う~ん、見れば見るほど純正品にそっくりです。特にMagSafeコネクタの形状なんか、瓜二つです。

Replacement Adapterと書かれています。ちなみに純正品では、85W MagSafe Power Adapterとなっています。

AC供給部も純正品そっくりです。プラグ部分がいい感じに汚れているのはなぜでしょうか?

なんて、白々しいですね。要は再生品です。とりあえず、何の問題もなく動くからいいです。ちなみに、電源部は結構発熱します。上に何も置かない方がいいです。

ACコードは付属していませんので、壊れた純正品のものをとっておいた方がよいですね。これでまた何年かは大丈夫でしょう。しかし、2,000円かぁ….

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。