オデッセイ、3回目の車検から帰る

物事が問題なく順調に進んでいると、一体どれだけの時間が経過したのかわからなくなってしまうことがありますが、まさに今回のオデッセイ(ホンダのミニバン。念のため)の車検は、それでしょう。いつから乗っているのか、何回目の車検なのか、よく調べないとわからないほどでした。

ですが、2003年式(平成15年式)なので、そろそろ満7年を迎え、車検も3回目ということになるのです。

Shimoda06_15

しかしアレですね、今の車は本当によくできていますね。まぁがたが来るほどの走行距離も出していないのですが、ボディのきしみなどは皆無ですし、エンジンもそこそこ静かなものです。空調もキレイに効きますし。中古車とすれば7年オチになるので残価もほとんどなくなってきているという感じでしょうが、これを安く購入できたら、まさしくラッキー!と思うでしょう。

それに、性能的にも、別に古くささを感じるものではないです。ITの進化に伴い影響を受けやすいのはカーナビでしょうが、最初からHDDナビなので、まったく不便を感じません。あえて言えば、地図が古い(更新してないのが悪い)、USB端子を持っていない(ヲイ!)、iPodに対応してない(おおお!)、くらいでしょうか。燃費性能も、この手の車にしては良く、12km/Lくらいは走ってくれます。

ところで車検というのは、何と言ってもお金がかかるのがイヤなところです。今どき、3年くらいでおかしくなる車なんてあり得ないと思うのです。最初の車検は5年にして、次は3年後、そして2年後と、10年を超えたら2年ごととか、だんたんと短くするような感じで良いと思うのです。また、車検のたびに税金を取られるのも腑に落ちません。任意保険に加入すれば、自賠責は免除、という仕組みがあってもいいと思います。

このへんは、さまざまな既得権や利権が絡んでいるので、簡単にはいかないでしょうが、かつて6ヶ月点検が法定だったこともある(不確かですけど)ほどなので、いっそのこと12ヶ月点検も義務化せず任意にして、その分整備不良時の点数や罰金を高くする、といった代替処置はどう?とも思うのです。

税金や保険関係だけでもアップアップ(3ナンバー車で6~7万)なのに、ディーラー(私は車検をディーラーに依頼してます。面倒なので)があれやこれやで上乗せしてきます。オイルやエレメントは交換したいですが、点火プラグ、エアクリーナー、ミッションオイル、ワイパーブレード、バッテリー、ブレーキパッド、いい加減にしなさい!悪いところがあったら変えればよいのです。

最初の見積から2万下がり、さらに2万ほど下がればいいなと思っているのですが、どうでしょう。

ところで、車を引き取りに来た営業担当の人が、私が最初にホンダ車を購入したときの人に戻っていました。この人は、外車を売りたいとかでIBMじゃなかったBMWの販売店に転職したのですが、また戻ってきたのですね。車好きでマメな人で好感が持てる人でしたので、今後のお付き合いに期待したいところです(でも買い換えは当分ありませんので念のため)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。