【横浜市民の森めぐり】夏の終わりの新治市民の森(1)—観察路で観察

夏の終わりを予感させる連休の中日(18日)、新治市民の森に行ってきました。身辺でいろんなことが整理されてきたからですが、出掛けるのはすごく久しぶりです。日差しも強く、これは楽しめそうだと颯爽と出掛けました。

鬱蒼とした観察路。道があるようでない、通行路上に張られた蜘蛛の巣が残っている、アザミが痛い、と三拍子揃っています。

新治市民の森(観察路)(Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

新治市民の森の紹介はこちら:新治市民の森 – 森と公園めぐり – なおさん亭::新館

撮影機材の紹介はこちら:キヤノンEOS 40D – カメラの部屋 – なおさん亭::新館
キヤノンEF 100mm F2.8L MACRO IS USM – カメラの部屋 – なおさん亭::新館
パナソニックDMC-TZ10 – カメラの部屋 – なおさん亭::新館

巨大な捕虫網を持った大人が数人うろついていた他は、あまり人を見かけることもなく、落ち着いてぶらつくことができました。

今回は、撮影したものをルートに沿って紹介します。蝶々だけ、飛蝗だけ、でも成り立つのですが。

最初は、「観察路」へ。最初にトイレに行っておきたいというのもあったのですが。池ぶち広場には、けっこう人がいました。

っとその前に、カメラをセットアップする私の手に、チキチキバッタが飛来。ちょうどよかったので、セットアップ途中のカメラで撮影しました。

新治市民の森のチキチキバッタ(Grasshopper, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

観察路には、愛護会の建物の脇から上る感じで入りました。この季節は何があったっけかな〜と思いつつ、あたりを見回しながら歩きます。

シラヤマギクですね。これは、田んぼの脇(曲坂の入口あたり?)にもありました。なんてことない花ですが、可憐でよい花です。

新治市民の森のシラヤマギク(Chrysanthemum, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

ヤマジノホトトギス。観察路では、至るところで見ることができます。たまに伸びて通路を通せんぼしているのも。

新治市民の森のヤマジノホトトギス(Flower, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

木には、気付かないのですがけっこうセミが止まっています。近づくと飛び立つのですが、中には運の悪いのも…。アブラゼミはコガネグモの巣に引っ掛かってしまいました。

新治市民の森のアブラゼミ(Cicada, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

陽当たりのよい場所には、マユタテアカネがいます。あまり成熟していないのか、色は薄めです。

新治市民の森のマユタテアカネ(Dragonfly, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

いつもの場所に、シュロソウはありました。名前の由来は…。って今さら不要ですね。

新治市民の森のシュロソウ(Dlower, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

ノササゲ?と思うのですが、ちょっと違うような気もします。でもこの黄色い花の感じ、う〜ん。

新治市民の森のノササゲ(Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

キンミズヒキ。これも至るところで見ることができました。ここでは、上からアップで。カラー調整したらバックが青っぽくなってしまいましたが、たまにはこういうのもよいかも。

新治市民の森のキンミズヒキ(Flower, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

日が半分当たった、オトコエシです。オトコエシも、あまり背が高くならないんですね。

新治市民の森のオトコエシ(Flower, Niiharu Community Woods) 小さめの写真Flickr Icon

他にはアザミやオカトラノオの実、オオバギボウシの実、などが。冒頭のヤブをかき分けて、本来は入口であるはずの出口に戻ります。ここから、再び池ぶち広場方面へ歩きます。続きは、また明日にでも…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。