【Mac】【Windows】GPT→MBR変換がうまくいった件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

9月に入りました。今日は防災の日。皆さんの備えは万全でしょうか?とりあえず、非常用食料に水、電池など備えておきたいものです。

今回は、Parallels DesktopでインポートしたBOOTCAMP仮想マシンのディスクパーティションを、GPT管理からMBR管理に移行して、無事パーティション操作が可能になった、という報告です。

もはや何のことやらわからないほどの入り組んだ話です。直近のネタはこちらです。

【Mac】【Windows】インポートしたBOOTCAMPのWindows 7を普通の仮想マシンに転換できた(1)

もはや書くほどのことでもないのですが、けじめということで。

新しい仮想マシンのWindows 7で、ディスクのパーティションをコントロールパネル管理ツールコンピューターの管理ディスクの管理で表示させてみました。

Parallels_migration_28

GPTの予約域、Mac OS Xに割り当てられていた領域(未使用領域)、そしてBOOTCAMP由来の領域、未使用領域があります。トータルで1GBになっていますが、未使用領域がほとんどなので実際には110GBほどしかありません。

MBRの管理になっているか、Windowsの領域(Cドライブ)を拡張してみます。ボリュームの拡張ウィザードが起動します。ここで、右側の未使用領域を全部使って、Windowsの領域を拡張します。

Parallels_migration_29

終わりました。ちなみに330GBが拡張されたはずです。

Parallels_migration_30

436GBになっていますね。なんというビッグサイズ。

Parallels_migration_31

拡張されたとしても、実際にそこまで使えるとは限りません。仮想マシンのハードディスクが436GBにまで物理的に拡張できないと、使用中に問題が起きるはずです。

今回は、領域が拡張できることを確認するための作業でした。速やかに縮小し、リーズナブルなサイズで運用することをお勧めします。GPT予約域や、ドライブCの前にある未使用領域をスッキリさせるには、やっぱりまっさらの仮想マシンを作ってWindows 7をゼロからインストールする、しかないようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。