【Mac】ATOKに電子辞書セットを追加してみた

9月に入っても暑い日が続きますね。暑いのは大歓迎です。仕事もはかどりますね。

愛用している日本語入力ソフトウェアはジャストシステムのATOKなのですが、このたびMac側にも電子辞書セットを導入してみました。Windowsでは一太郎・承のプレミアム版に電磁辞書セットが付いていたのでそれを便利に使っていましたが、Mac側にはそれがないので不便だったのです。

Atok_dicset_04

導入した電子辞書セットは、明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.4 for ATOK Macです。国語辞典と、英和・和英辞典のセットなので、きわめて基本的なものといえましょう。

しかし、これが便利なんです。この記事を書いている時点ですでにインストールされていますが、ちょっとした言葉の意味を知りたいとき、英語のスペルを確認したいときなどに、fn+→ですぐに確認できます。

Atok_dicset_03

使い勝手はWindows版の方がよいようです。例えば、上記のポップアップが出ている状況で右クリックしますと、Mac版では表示内容全体のコピーしかできませんが、Windows版ではクリックした位置の単語のみのコピー、確定(その単語で入力内容を置き換えること)ができます。ちょっとした翻訳ソフトとして使うときには、Windows版の方が便利に使えます。

Atok_dicset_06

Atok_dicset_05

Mac版で劣るところがあるといいましても、辞書のある・ないでは雲泥の差がありますから、導入する価値は十分にあります。

ちなみにMac版はダウンロード版のみで、5,040円です(税込み)。ジャストシステムの直営ショップであるJust MyShopでのみ購入できます。ちょうどポイントが3,500円分あり、しかも私はプラチナ会員であるので10%割引でした、なので、わずか1,000円強でゲットできました。ラッキー!(なのかな?)

インストールは、ダウンロードしたイメージを展開して、インストーラを起動するだけのシンプルなものです。

Atok_dicset_01

入れる辞書の種類も選べます。

Atok_dicset_02

ATOK自体はPassportでWindows・Macで共通ライセンスで使っていますが、電子辞書セットがそれぞれ別ライセンスなのはちょっと痛いですね。こちらもパスポート制にして、更新したものを継続して使い続けられるというのは、いかがでしょうか。

こちら(↓)はWindows版パッケージの紹介です:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする