BUFFALOのNAS(LS-Q4.0TL/R5)のHDDを換装する。その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

かねてからの懸案であった、NASのHDD換装(容量アップ)を実行してみたので、その記録をまとめてみた。機種は、BUFFALOのLS-Q4.0TL/R5。LS-QL/R5シリーズ。4TBモデルで、RAID5に対応しているのが特徴だ。発売は5年ほど前と、ほんとど旧機種の域だが、RAID5対応、ギガビットイーサネット対応と、まだまだ十分に使える。そこで、容量をアップして、延命を図ってみたということだ。

buffalo_nas_03

標準の容量は4TB(1TB×4)。これを8TB(2TB×4)に倍増しようというわけだ。換装用のHDDについては過去のこの投稿を参照。

当たり前のようだが、換装するからには、元のデータがなくなってしまうので、必ずバックアップを作成しておくこと!ブログ主は、外付けの4TBのHDDにデータをすべてコピーし、作業に臨んだ。換装中に、この外付けHDDがクラッシュしたら、最悪データはパァになる。この手の作業にはそれくらいのリスクがあることを忘れずに!

まずは、正面のパネルを外す。マグネットでくっつけているだけなので、引っ張ればパカッと外れる。こっちのほうがメカメカしくてNASっぽくて好みだ。

buffalo_nas_04

4個、縦に並んでいるのがHDDで、専用のアタッチメントで装着されている。このHDDの外し方だが、右手のつめを手前に引き、てこの原理で出てきたHDDを、そのまま引き出す。

buffalo_nas_05

ここでのポイント。外すのは、No.2〜No.4までだけにして、No.1は残しておくこと。そうでないと、NAS自体が起動しないので、要注意。

SAMSUNGのHDDが装着されたオリジナル。

buffalo_nas_06

裏面の、4つのネジを外せばHDD本体が外れる。

buffalo_nas_07

東芝のHDDに付け替えた。これをNo.2〜No.4について行う。

buffalo_nas_08

ちなみに、HDDを全部外してしまった中身はこんな感じ。記念撮影だね。意外と殺風景。

buffalo_nas_09

HDDを装着し、電源投入。No.1以外はエラーになる。当然だね。しかし、No.1〜No.4すべてを替えてしまうと、そもそも起動しないからね。

buffalo_nas_10

さて、これからが本番。換装したHDDを使用可能にして、残ったNo.1も交換し、さらにRAIDを再構築しなければならない。心していこう。

これは日を改めて…。

BUFFALOのNAS(LS-Q4.0TL/R5)のHDDを換装する。その2

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ねこ丸 より:

    フォーマットで作った新しいHDDの先頭パーテーションは、不明な形式ですので、
    Linuxを使って[ mke2fs -j -I 128 /dev/sdb1]にてフォーマットして
    保存しておいたデータをコピペします。
    これだけで、起動可能なHDDに変わります。

    面白いのは
    フォーマット済みのHDDを再度フォーマットしますと、失敗と出ます。

    • なおさん より:

      ねこ丸さん、ありがとうございます。
      NASのHDD換装なんて機会はそうないかもしれませんが、その機会が来たら試してみようかなと思います。
      HDDが飛んだときですかね?

  2. ねこ丸 より:

    こんにちは 
    HDD換装 というか 最初のHDDをマスターとします。
    買った加減で 最初の250GB がマスターですと ほかを 1TB 2TB(できるか不明  にして入れますと、
    フォーマットできて(スレーブと呼びます 使えると思いますが、 
    このスレーブだけでは、起動が出来ないが、
    マスターであればどこに入れても起動できる。

    作った 1TBのスレーブをマスターに変更出来ないと、増やすことが出来ないのです。
    1番パーテはフォーマットを変えてマスターのコピーをペースト。
    2番パーテはいらわず、6番パーテは必要に応じて編集 です。
    ではまた

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。